ツーショットダイヤルは悪い意味での成熟から新しい世界を切り開いた

腐りかけた成熟から正当な進化を遂げたツーショットダイヤル

ツーショットダイヤル番組はスマホが本格的に普及し始める5年前ほど前から急速に登録ユーザー数を迎え成熟期に入ったと感じている。しかし、この成熟期とは悪い意味での成熟だったと感じる。何故なら、5年前のツーショットダイヤルは間違いなく小さな常連達の間だのみ成熟して行ったからである。

 

つまり、テレクラが存在する時代からテレクラ店舗を利用して来たようなオッサン達。後は、金に余裕のあるオッサンを逆釣りするようなスレた金目的の女達が中心となり、成熟して行ったコンテンツだったからだ。

 

しかし、その流れが変わった。確実に変化したのである。

 

これは、LINEアプリの圧倒的なシェアによる、メール文化の終局がキッカケとなった。従来、新しい出会いをネット上で求める場合は出会い系サイトや出会い掲示板を利用する人が圧倒的だった。

 

しかし、メール文化がLINEの当時により廃れた今、出会い系サイトを使っていたユーザー達はどんどんLINE感覚、つまりメールより電話でのコミュニケーションが可能なツーショットダイヤルに移行しているのである。

 

このような革命が起きたから、ツーショットダイヤルは成熟期から、更に独特の動きを始めた!これは良い意味でのコミュニティーに進化しているとも言えるだろう。

 

昔からテレクラを使っているようなオッサンにとってみれば、ツーショットダイヤルは単なる道具としてしか見ていない。しかし、今時のLINE世代の若者達からしてみると、ツーショットダイヤル番組の仕組みと言うのは逆に新鮮に感じるらしい。

 

今までは、文字やチャットでちまちまと文章を交換して出会いを探していたのに、ツーショットダイヤルはいきなり見ず知らずの女と生電話で繋がるのだから、彼らからしてみれば新しいコンテンツとして認識されるのだ。

 

この旧世代と新世代の男女が入り乱れる世界こそが、「進化という化学反応」を起こしているのだ。

 

ツーショットダイヤルは電話を利用したフリートークの世界。つまり、目的は特に決まっていないオープンワールド系のコンテンツなのである。これから、間違いなくツーショットダイヤルは更なる進化を見せる。しかも、進化を見せつつ電話と言う古典的なツールから外れないからこそ、あらゆる年齢層の男女をマッチングしてくれるのだと感じる。

 

我々はこのビッグウェーブに乗り遅れないようについて行くしかない。トークスキルに電話エッチプレイなどの基本的なツーショット会話術を磨きつつ、ガンガン実践して行く時期である。

成熟期から進化を始めたツーショットダイヤルの魅力的な世界関連ページ

テレクラにハマる女性達の殆どがツーショットダイヤルに移動した理由
実はテレクラバブルが再来している!ヤリマンコールが余ってます!
2017年はエロビデオ通話OKな電話コミュニティーの時代!
セフレを探すなら出会いアプリではなくツーショットダイヤルが時代の潮流!
テレフォンセックスは利用価値の高い出会いツールです
テレクラの歴史は長い!店舗は絶滅寸前だが、実は需要は右肩上がりなのです。
ツーショット全盛の時代だがテレクラ魂を忘れるな!
塵も積もれば山となるツーショットダイヤルの無料ポイント
電話での出会いは人間の本能に近い感覚でマッチングできるのが魅力!
出会い系サイトよりメリットが確実に増えて来たツーショットダイヤル!
テレクラとツーショットダイヤルの大きな違いとは?
電話通話は間違いなく効率的な口説きの手法である!
今のツーショット人気でテレクラブームの再熱が来るかもしれない!
慣れたツーショット電話ナンパ師は声質でヤレる女を判断する!
電話でセフレを作る体験はある意味で最強のナンパ方法である
SMや変態系のテレフォンセックスはレベルの調節で様々な女の子を濡らせる!
テレクラ並みの即アポをツーショットで求める場合は伝言ダイヤルで決まり!
恋人とのテレフォンセックスは新しい性癖開発を目的に!
ツーショットでテレクラ世代の女に繋がったら即アポの出会いが基本!
淫らな行為は現実社会でなくテレフォンセックスで満たせ!
ブルーボトルコーヒーに直ぐ行く様なスイーツ脳女はセフレ候補!
私はテレH普及委員会を作りたいと思っている
スイートコールのイメクラコーナーは練習の場として利用価値がある
いきなり今日会える?は絶対に使ってはいけない禁句
エロい声だった場合は目的違いでも話しとけ(笑)
最近のテレクラはコールを取るだけで無く男の隠れ家としての利用価値も高い
エロ電話と文字チャットの深い関係性を知ると女は口説きやすい
オナテク板の人間は何故オナニー電話をしないのか?
ナンパ失敗は次へのチャンスと取らない人は間違いなく伸びない