店舗型テレクラにハマる女性達の殆どがツーショットダイヤル番組に移動ました!

女性達の店舗型テレクラ→ツーショットダイヤルへの移行が完了!

ここ最近のツーショットダイヤルにおいて、明らかに

女性コール待ちの質に変化が表れています

ので今回はその変化についてお話します。

 

昔からテレクラを頻繁に利用していた女性達が続々とツーショットダイヤルに切り替えている。

 

このような「変化」が顕著に表れているのです・・・

 

恐らく店舗型のテレクラを未だに利用している方は「うん、うん」と頷いている筈です(笑)ある意味で女性達のテレクラ離れというのはテレクラ最大手である「リンリンハウス」の閉店ラッシュが直接的な原因といっても過言では無いでしょう。

 

2016年あたりから関東地方で運営されているリンリンハウスが何店舗も閉店となってしまいました・・・

 

私が頻繁に通っていた池袋東口本店が閉店となった時は、本気でショックを受けて暫くは落ち込みましたからね・・・・まあ、コールの質や量が明らかに低下していたので何時かは終わるのだと思ってはいたのですが、余りにも急な閉店だったので流石にショックでしたね・・・

 

とにかく、関東地方のリンリンハウス続々閉店ラッシュに対してショックを受けた人はかなり多いと思います。

 

この店舗型テレクラの閉店ラッシュは我々のような男性だけではなく、

テレクラを利用していた女性達にも大きな変化

を起こしました。

 

その変化こそが店舗型テレクラからツーショットダイヤルに乗り換えた女性達の存在です!

 

まるで民族大移動のような状況となっており各ツーショットダイヤルにはテレクラ経験者の女性達がゴロゴロしている状態となっているのです!

 

個人的には店舗型のテレクラが絶滅状態となってしまうのは寂しい気持ちで一杯なのですが、客観的に考えてみれば80年代に流行ったサービスが今でも現役で稼働していたことは奇跡だったのかもしれません・・・

 

つまり、テレクラからツーショットダイヤルへの女性ユーザーの移動というのは、間違いなく時代の流れで自然発生した変化あると私は思います。

 

ですので店舗型のテレクラナンパに比重を置いていた男性は素直にツーショットダイヤルへとシフトするのが私は賢い選択だと思います!時代が変化したのですから素直にその変化に合わせる!

 

この考え方で今後も電話ナンパを楽しんで行くべきだと私は思います。

テレクラにハマる女性達の殆どがツーショットダイヤルに移動した理由関連ページ

実はテレクラバブルが再来している!ヤリマンコールが余ってます!
2017年はエロビデオ通話OKな電話コミュニティーの時代!
セフレを探すなら出会いアプリではなくツーショットダイヤルが時代の潮流!
テレフォンセックスは利用価値の高い出会いツールです
テレクラの歴史は長い!店舗は絶滅寸前だが、実は需要は右肩上がりなのです。
ツーショット全盛の時代だがテレクラ魂を忘れるな!
塵も積もれば山となるツーショットダイヤルの無料ポイント
電話での出会いは人間の本能に近い感覚でマッチングできるのが魅力!
出会い系サイトよりメリットが確実に増えて来たツーショットダイヤル!
テレクラとツーショットダイヤルの大きな違いとは?
電話通話は間違いなく効率的な口説きの手法である!
今のツーショット人気でテレクラブームの再熱が来るかもしれない!
慣れたツーショット電話ナンパ師は声質でヤレる女を判断する!
電話でセフレを作る体験はある意味で最強のナンパ方法である
SMや変態系のテレフォンセックスはレベルの調節で様々な女の子を濡らせる!
テレクラ並みの即アポをツーショットで求める場合は伝言ダイヤルで決まり!
成熟期から進化を始めたツーショットダイヤルの魅力的な世界
恋人とのテレフォンセックスは新しい性癖開発を目的に!
ツーショットでテレクラ世代の女に繋がったら即アポの出会いが基本!
淫らな行為は現実社会でなくテレフォンセックスで満たせ!
ブルーボトルコーヒーに直ぐ行く様なスイーツ脳女はセフレ候補!
私はテレH普及委員会を作りたいと思っている
スイートコールのイメクラコーナーは練習の場として利用価値がある
いきなり今日会える?は絶対に使ってはいけない禁句
エロい声だった場合は目的違いでも話しとけ(笑)
最近のテレクラはコールを取るだけで無く男の隠れ家としての利用価値も高い
エロ電話と文字チャットの深い関係性を知ると女は口説きやすい
オナテク板の人間は何故オナニー電話をしないのか?
ナンパ失敗は次へのチャンスと取らない人は間違いなく伸びない