ツーショット初心者の方は無料ポイントを一人の女に使うのは止めましょう!

キャバクラ初心者論から考えるツーショット無料ポイントの使い方

今回はツーショットダイヤル初心者の為の有益で効率的な無料ポイントの使い方についてお話ししようと思います。

 

まず、この話をする前にキャバクラのお話を少ししたい。

 

恐らく、成人を過ぎた社会人であればキャバクラへ行く機会も出て来るだろう。上司に連れて行かれる場合もあるだろうし、同僚達とストレス発散の為に行く事も。更に、営業職の人は取引先の人との接待でキャバクラを利用するケースも出てくる筈だ。

 

そんなキャバクラの席で明らかに初心者だと分かる男の特徴。

 

初めに自分についてくれたキャバ嬢に、いきなり場内指名する行為だ!

 

こんな男は明らかにキャバクラ初心者丸出しである。もし、仮にその人がディープにキャバクラにハマるようであれば、確実にキャバ嬢からカモにされるタイプの男とも言えるだろう。

 

初めて来店するキャバクラでは、初回は少なくとも女の子を場内指名するべきではない。どんなに相性が合うと思った女の子に対しても時間が来たら次の女の子に回すのが基本だ。

 

キャバクラはキャバ嬢からこの人は優しいタイプの人だなと思われたら負けなのだ。少し店に対して文句を言うくらいの方が、実はキャバ嬢をお持ち帰り出来る事が多いのだ。

 

このケースはツーショットダイヤルの無料お試しポイントの使い方についても同じ事が言える。

 

厳密に言えば電話と店舗なので状況は違うが、無料お試しポイントをいきなり電話が繋がった女に全て消費するのは確実に馬鹿げている。

 

何故ならツーショットダイヤルは非常に多くの女が登録している。大手ツーショットのマックスやハニーラインであれば、女性登録は数十万人規模になるだろう。

 

だからこそ、無料お試しポイントは数多くの女とお試し会話する程度にするべきだ。長くても三分間。これ以上会話するのはポイントの無駄である。

 

そして、とにかく無料ポイント内で確実に相性の会いそうな女を見つけ出して欲しい。

 

同じ地域の電話番号であれば、再度同じ女に繋がる事も多いので、次にお目当ての女に繋がらなかったらどうしよう?と言う疑問は完全に無視して構わない。

 

キャバクラ初心者みたいな女のカモになりたくないなら、ツーショットダイヤルの無料ポイントはガンガンコールを回して少しでも多くの女に電話を繋げるべきだろう。