ダンディーな重低音ボイスと声の間を考えてテレフォンセックスしよう!

女性は子宮で男の事を考えている!テレフォンセックスは重低音で!

「福山雅治、ケンコバ、藤原竜也、小栗旬、阿部寛」など声の低い男性「濱田雅功、明石さんま、今田耕司、勝俣州和、さかなクン」など声が比較的カン高い有名人。

 

福山の様な低音ボイス

 

女性のみなさんはどちらのタイプの男性とテレフォンセックスしてみたいと思いますか?

 

恐らく殆ど100%の人が声の低い有名人とのテレフォンセックスを選択するはずです。これは女性の本能的なものなので例え、声の高い男性としたい!と思っていてもあくまでそれはイメージです。生物的には確実に声の低い男性に惹かれるはずです。

 

これにはきちんとした理由が存在します。

 

女性が物事を考える時は、常に子宮で言葉や雰囲気を感じ取ります。そして男性と違い極めて本能的に行動する生き物なのです。

 

この原理を是非テレフォンセックスのテクニックとして取り入れるべきです。声の高い人は自分の声を録音して、低く聞こえる様に声質を改造してください。かなり難しい作業ではありますが意図的に低い声を出すことは練習すれば可能ですから。

 

また練習法としてカラオケボックスなどで低い声で歌っている歌手の曲を練習してみるのも効果的です。例えば福山雅治、長淵剛、藤井フミヤなどが歌いやすいでしょうね。なるべく本人になりきって歌うのがポイントですよ。

 

そして低い声を発生する事に慣れてきたら、ツーショットやテレクラなどで実際に女の子を誘ってテレフォンセックスしてみましょう。恐らく女性の感じ方が以前と比べて桁違いに良くなっているはずですから。

 

女性が感じる事を確認できたら、次のステップへ移りましょう。それは言葉の間を考える事です。テレフォンセックスが下手な人の特徴として言葉の間を空けられない人が挙げられます。

 

まるで普通のお喋りをしている様なテレフォンセックスなんて何の魅力もありません。だってあなたはセックスの時に普通のお喋りしながらやりますかね?こんな事したら女の子はドン引きですよね。

 

時には囁いたり、激しい声を出したり、無音状態を楽しんだり、女性の声を堪能したり。

 

テレフォンセックスはパッと浮かんだだけでもこれだけの言葉の強弱や間の使い方があります。これは無限大の組み合わせがありますからね。相手の女性に合わせて色々とスパイスを調合してあげましょう。

 

この様にテレフォンセックスは言葉の力そのものが重要なコンテンツです。

 

何も考えないでプレイするより、感情を言葉に込めてプレイした方が自分も相手も桁違いのエクスタシーを味わえます。